Jリーグ 観客

Jリーグの観客動員数(リーグ戦+ルヴァン杯+ACL)ランキング。各大会の観客動員数の特徴とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Jリーグの2017年シーズンのリーグ戦、ルヴァンカップ、ACL(アジアチャンピオンズリーグ)について、クラブ別のホーム主催試合の観客動員数(入場者数)を見ていきます。

ホーム主催試合の入場者数は各クラブの入場料収入に直結する数値ですので、クラブ経営においても非常に重要な指標となります。

尚、天皇杯の試合は、各クラブではなく、各都道府県サッカー協会の主催となり、試合会場は中立地の扱いです。各クラブの入場料収入にも結びつかないため、今回のランキングでは対象外としています。




リーグ戦の観客動員数ランキング

最初に、2017年シーズンにおけるリーグ戦のホーム主催試合の入場者数を見ていきます。

リーグ戦の各クラブのホーム主催試合の総入場者数のランキングが以下の表1となります。表1ですが、総入場者数だけでなく、ホーム主催試合数、平均入場者数、リーグ戦順位の項目も含めています。

1位は浦和レッズで、総入場者数は57万215人となります。2位にFC東京、3位に横浜F・マリノスが続いています。

1位の浦和レッズは、2位のFC東京に約12万人の大差をつけていますので、断トツの1位です。

浦和レッズは、2017シーズンのリーグ戦は7位に終わり、優勝争いに加わることはできませんでしたが、そのような状況においても、リーグ戦の総入場者数では他のクラブを圧倒しています。熱狂的なサポーターで知られる浦和レッズですが、順位に関係なく多数のサポーターを動員できることが分かります。

ランキング全体を見ていくと、リーグ戦の観客動員数の特徴としては、総入場者数とリーグ戦の順位とが必ずしも連動しない点が挙げられます。

リーグ戦優勝の川崎フロンターレ、準優勝の鹿島アントラーズが、総入場者数では5位と8位である一方で、リーグ戦13位のFC東京、17位のアルビレックス新潟が、総入場者数では2位と6位となっていることが、そのことを端的に表しています。

勝ち続けることが、観客動員数を増やしていく方法の一つであることは間違いないですが、勝ち続けるだけでは、Jリーグの中で観客動員数のトップを狙うことはできないことが分かります。

ルヴァンカップの観客動員数ランキング

次に、2017年シーズンにおけるルヴァンカップのホーム主催試合の入場者数を見ていきます。

ルヴァンカップの各クラブのホーム主催試合の総入場者数のランキングが以下の表2となります。表2ですが、総入場者数だけでなく、ホーム主催試合数、平均入場者数、ルヴァン杯成績の項目も含めています。

1位はセレッソ大阪で、総入場者数は5万6188人となります。2位にFC東京、3位にガンバ大阪が続いています。

ルヴァンカップは、ホーム主催試合数が各クラブで異なりますので、試合数が総入場者数に影響しています。優勝したセレッソ大阪はホーム主催試合が最多の6試合ありましたので、それが総入場者数に反映されています。

ルヴァンカップの観客動員数の特徴としては、平均入場者数において、各クラブが観客動員に苦戦している点が挙げられます。

1位のセレッソ大阪にしても、平均入場数は9365人と1万人を割っていますので、ルヴァンカップにおける観客動員が必ずしも成功しているとはいえない状況です。

要因としては、ルヴァンカップは平日開催の試合が多いこと、国際Aマッチデー期間と重なることが多く、日本代表の選手が参加できない試合が多いことが挙げられます。

各クラブにとっても、Jリーグにとっても、ルヴァンカップの平均入場者数を底上げしていくことが課題です。平日開催かつ日本代表レベルの選手が不在の中でも、多くの入場者数を獲得できたならば、Jリーグの人気は一段階上のレベルになるはずです。




ACLの観客動員数ランキング

次に、2017年シーズンにおけるACLのホーム主催試合の入場者数を見ていきます。

ACLに参戦した日本の各クラブのホーム主催試合の総入場者数のランキングが以下の表3となります。表3ですが、総入場者数だけでなく、ホーム主催試合数、平均入場者数、ACL成績の項目も含めています。

1位が浦和レッズ、2位が川崎フロンターレ、3位が鹿島アントラーズ、4位がガンバ大阪となります。ACLで優勝した浦和レッズは7試合で20万8088人もの入場者数を記録しています。

 ACLの観客動員数の特徴としては、グループステージ、ラウンド16では観客動員に苦戦する一方で、勝ち進むに連れて注目度が飛躍的に高まり、準決勝、決勝となると観客動員が跳ね上がる点です。

グループステージ、ラウンド16では観客動員が苦戦する要因としては、ACLの試合は、決勝以外は全て平日開催であること、アウェイチームのサポーターがあまり来ないことが挙げられます。

グループステージ敗退のガンバ大阪、ラウンド16敗退の鹿島アントラーズの平均入場者数はリーグ戦の半分以下であることも、ACLにおける観客動員の難しさを物語っています。

 一方で、優勝した浦和レッズは、決勝と準決勝の2試合だけで、10万2102人の入場者数を記録しており、観客動員が跳ね上がっています。

特に、ACL決勝第2戦の浦和レッズのホーム主催試合は、5万7727人の入場者数であり、ルヴァンカップ決勝の5万3452人、天皇杯決勝の4万2029人より多い入場者数となっています。ACLの集客の可能性を感じさせてくれる入場者数です。

尚、ルヴァンカップ決勝はJリーグの主催試合、天皇杯決勝は日本サッカー協会の主催試合となりますが、ACLの決勝はホーム&アウェイの2試合のため、クラブによるホーム主催試合となります。

全試合の観客動員数ランキング

最後に、J1リーグ戦、ルヴァンカップ、ACLの入場者数を合計した全試合のホーム主催試合の入場者数を見ていきます。

各クラブの全試合のホーム主催試合の総入場者数のランキングが以下の表4となります。表4ですが、総入場者数だけでなく、ホーム主催試合数、平均入場者数も含めています。

1位は浦和レッズで、総入場者数は80万1419人となります。2位にFC東京、3位にガンバ大阪が続いています。

1位の浦和レッズの総入場者数は2位のFC東京の約1.58倍ですので、浦和レッズが別格の入場者数を誇っていることが分かります。

各クラブの入場料収入に対応する入場者数は、リーグ戦、ルヴァンカップ、ACLを合計したホーム主催試合の総入場者数となりますので、各クラブはリーグ戦、ルヴァンカップ、ACLの各大会の特徴をしっかりと把握した上で、大会別に観客動員数の増加のための施策を考えていく必要があります。

まとめ

Jリーグの各大会の観客動員数の特徴は以下の通り
①リーグ戦:総入場者数とリーグ戦の順位が必ずしも連動しない
②ルヴァンカップ:平均入場者数において、各クラブが観客動員に苦戦している
③ACL:グループステージ、ラウンド16では観客動員に苦戦する一方で、勝ち進むに連れて注目度が飛躍的に高まり、準決勝、決勝となると観客動員が跳ね上がる

各クラブはリーグ戦、ルヴァンカップ、ACLの各大会の特徴をしっかりと把握した上で、大会別に観客動員数の増加のための施策を考えていく必要がある




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す