Jリーグ 観客

Jリーグのクラブ別の観客動員数の特徴とは?3分類で分析する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2016年度の入場者数データを使って、Jリーグのクラブ別の観客動員数の特徴を平均入場者数の上位、中位、下位の3分類で分析します。

 

リーグ戦の平均入場者数が多い上位チーム

まずは、平均入場者数が上位のチームを見ていきます。

リーグ戦の平均入場者数が多い上位5チームのランキングは以下となります。

リーグ戦の平均入場者数が一番多いチームは浦和レッズの3万6935人です。2位のガンバ大阪に1万人以上の大差をつけていますので、断トツの1位です。

Jリーグのチームの中で浦和レッズの存在感が大きい要因の1つは、この圧倒的な観客動員数です。浦和レッズの観客動員数は、他のチームを大きく引き離しています。Jリーグにおいて浦和レッズがビッククラブと言われる所以です。

2位以下はガンバ大阪、横浜F・マリノス、FC東京、川崎フロンターレが続きます。

1位の浦和レッズを含めた上位5チームはJリーグの中でも安定した人気を誇るチームです。

この5チームですが、2位のガンバ大阪を除いて、残りの4チームは関東地方のチームであり、ホームスタジアムは東京駅から26km圏内と比較的都心に近い場所にあることは特徴の1つです。

 

リーグ戦の平均入場者数が少ない下位チーム

次に平均入場者数が下位のチームを見ていきます。

リーグ戦の平均入場者数が少ない下位5チームのランキングは以下となります。平均入場者数が少ない順のランキングです。

リーグ戦の平均入場者数が一番少ないチームはヴァンフォーレ甲府です。

その後に、柏レイソル、湘南ベルマーレ、大宮アルディージャ、サガン鳥栖が続きます。

上位5チームの中で4チームが関東地方のチームでしたが、下位の5チームの中にも柏レイソル、湘南ベルマーレ、大宮アルディージャと関東地方のチームが3チーム含まれています。

関東地方に山梨県を含めた首都圏にはヴァンフォーレ甲府も含まれるので、下位の5チームの中の4チームが首都圏のチームであることは1つの特徴です。

J1の18チームの中に関東地方のチームは8チームありますが、上位に4チーム、下位に3チームと別れていますので、平均入場者数に関して大きな格差が存在することが分かります。

 

リーグ戦の平均入場者数が中位のチーム

最後にリーグ戦の平均入場者数が中位のチームを見ていきます。

リーグ戦の平均入場者数が中位のチームのランキングは以下となります。J1のチーム数は18チームですので、上位5チームと下位5チームを除いた8チームとなります。

関東地方のチームですが、中位のチームには鹿島アントラーズの1チームしかいませんので、残りのチームは関東地方以外の各地方のチームとなります。

ガンバ大阪を除いて地方のチームの平均入場者数は少なくはないですが、多くもないという状況です。

観客動員数とそのチームの人気は比例しますので、Jリーグの観客動員数の上位のチームが関東地方のチームに集中しているという現状は、日本においてJリーグを盛り上げていくことを考えると、大きな課題です

各地方の有力チームが観客動員数で上位を争うようになると、Jリーグはもっと面白くなりますので、Jリーグとして地方を盛り上げていく施策を積極的に実施すべきです。

 

まとめ

J1の関東地方の8チームは平均入場者数の上位と下位に分かれており、チーム間の格差がある。
関東地方以外のチームの平均入場者数は多くも少なくもない。各地方の有力チームが観客動員数で上位を争うようになると、Jリーグはもっと面白くなる。

<関連記事>

学生の観客が多いJリーグのチームはどこか?観客動員数1位の浦和レッズはまさかの結果に!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. かっしー より:

    はじめまして! 広島に住んでいる45歳の会社員です。
    当然ながら、サンフレッチェを応援しています。
    時々はエディオンスタジアムに行っています。

    サッカーは大好きで、小学生の時からしていて、今はフットサルをしています。

    ブログ回りをしていてたどり着きました。よろしくお願いします。
    時々観戦記とかも書いています。

    1. football-for より:

      「サッカービジネスの教科書」の記事を読んでいただきありがとうございます。
      また、コメントもありがとうございます。
      今後も「サッカービジネスの教科書」に目を通していただけると嬉しいです。

      サンフレッチェ広島はサッカーはもちろんですが、経営や新スタジアムの観点でも興味深いクラブですので、「サッカービジネスの教科書」でも注目していきたいと思います。

コメントを残す