Jリーグ ホームタウン

Jリーグのチーム数は?Jチームが無い県、少ない地方に見るサッカー普及率。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

1993年のJリーグ開幕当初は10クラブで始まったJリーグですが、その数は拡大して現在は53チームとなっています。J1が18チーム、J2が22チーム、J3が13チームの計53チームです。

「さすがに増やし過ぎじゃない?」という意見もありますが、Jリーグとしては理念に沿って活動しています。
その理念とは、「地域に根差したスポーツクラブ」を核として、誰もが生涯を通じてスポーツを楽しめる環境をつくり、「豊かなスポーツ文化の醸成」を具現化することです。

「地域に根差したスポーツクラブ」が念頭にあるので、47都道府県の全てにJチームがあるのが理想です。現在は38都道府県にまで広がっていますので、Jチームがないのは残り9県です。

IMG_0678.JPG

あなたの住む地域にJチームはありますか?

あなたの住む地域のJチームは思い浮かべてください。すぐに思い浮かびますか?
次の県に住む方は思い浮かばなかったかもしれません。

青森、福井、三重、滋賀、奈良、和歌山、島根、高知、宮崎

上記の9県は現在、Jチームがない県です。

Jチームが少ない地方は?
次にJチームが少ない地方をみていきます。各地方で都道府県数の違いがありますので、数ではなく以下の数式の割合でみていきます。

Jチーム率(各地方のJチームがある都道府県の割合)= Jチームがある都道府県数 ÷ 所属地方の都道府県数

先ほどのJチームがない県をみると特定の地方の県が多いことに気づきましたか?

Jチームが少ない地方の正解は近畿地方です。
近畿地方は7府県のうち4県にJチームがない状況ですので、Jチーム率は43%です。

近畿地方にはガンバ大阪、セレッソ大阪、ヴィッセル神戸、京都サンガF.C.とJ1所属もしくは元J1所属の知名度の高い4チームがいるためサッカーが盛んなイメージがありますが、近畿地方という枠組みでみると決してサッカーが盛んな地方ではないという結論になります。

最後に各地方のJチーム率は以下の表となります。

Jチーム率v2.JPG

近畿地方の次にJチーム率が低いのは四国地方の75%ですので、いかに近畿地方の43%が低いかが分かります。

まとめ
Jチームは38都道府県にまで広がっていて、Jチームがない県は残り9県。近畿地方へのJチームの普及が遅れている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す