サッカービジネス 本

サッカービジネスを学ぶための20冊の良書。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

本サイト『サッカービジネスの教科書』の情報収集に活用した本の一部を紹介します。

サッカービジネスを学ぶための20冊の良書です。

 

2003年から2008年まで、FCバルセロナの副会長を務めたフェラン・ソリアーノ氏の著書です。

サッカークラブ経営に関する最高の書籍の一つといえるものです。この本のすごいところは、ビジネス書と考えても内容のレベルが高いことです。

職業柄、様々なビジネス書を読んでいますが、サッカーに興味のないビジネスマンが読んでもかなり役立つ本であることは間違いないです。

 

ドイツの経営コンサルタントであるラインハルト・K・スプレンガー氏の著書です。

43の行動哲学について、サッカークラブ経営の実際の場面を題材にして、マネジメントの視点で見解を述べています。

ビジネス書としてはよくある構成の本ですが、サッカークラブ経営を題材にしているところが面白いところです。サッカー好きでしたら、巷のビジネス書を読むより興味深くビジネスを学べる本です。

 

2002年から2007年までFCバルセロナのマーケティング部門ディレクターを務めたエステベ・カルサーダ・マンゲス氏の著書です。

MBAを取得し、マーケティングの国際研究の経験を持つ著者らしく、FCバロセロナを題材にして、スポーツマーケティングを理論的に解説しています。

マーケティングについての教科書のような本です。しかも、教科書のようだけど、面白さと読みやすさも兼ね備えています。

 

タイトルも固いですが、内容も固いです。そして、難しいです。

まさに、経済学の教科書のような一冊です。

ただし、使用しているデータは豊富で、そのデータの分析も数式を駆使して多面的に実施しており、今までに見たことがないような分析結果を見ることができます。

気軽に読める本ではないですので、本格的にスポーツビジネスを学びたい方だけにおすすめします。

尚、全編英語です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す